宇部

山口県宇部市東小串1-1-1 MTビル2F

予約専用0120-814-843

新山口

山口県山口市小郡上郷樫ノ前1745-1 エビスビル2F

予約専用0120-924-088

お問い合わせ

インビザラインとは

インビザラインとは

インビザラインの写真 透明に近く、目立たないマウスピース型の矯正です。
一人ひとりの歯に合わせて作成されるマウスピースを装着し、治療の段階に合わせて新しいマウスピースに交換しながら徐々に歯を動かし、歯並びをきれいにします。
他の矯正装置と違う点は、『目立ちにくい』そして『取り外しができる』ということです。
マウスピース矯正は、食事の時に取り外すことができるので、装置に食べ物が絡まる心配がなく、治療中も普段通りに食事ができます。
また、柔らかい力で段階的に歯を動かすため従来の矯正方法と比べて痛みが少なく、唇や口の中の粘膜などを傷つけてしまう心配が軽減されます。
治療期間中に装置が歯から外れてしまうなどの緊急性が少ないことも特徴のひとつです。

マウスピースは患者様ご自身で交換していただく必要があるので、患者様の自己管理がとても大切です。

従来の矯正との違い

世界にはインビザラインに似たマウスピース型の矯正装置がいくつか存在しています。

見た目も透明で形も似ているので、全く同じ効果と使用用途があると勘違いされます。しかし実際には製作工程と治療システムが別物です。治療効果や治療が出来る症例の範囲も異なります。

インビザラインには従来の矯正とは異なる特有の知識と技術が必要となります。
ドクターの高い診断技術が要求され、ドクターによって治療計画も治療効果も大きく異なります。

インビザラインの他のマウスピース矯正

インビザライン 他のマウスピース矯正
正確性 臨床データを基に高度な治療設計を作成するため、適応症例が広い
最初に治療計画を決めるので、明確で精度が高い
比較的費用が安いが、技工士の手作業により、バラつきが生じやすい
歯型の採取 型取りは1~3回 治療中、2週間~1ヶ月に1回。
治療の度に型取りをするため、傷みがある。
来院頻度・期間 検査後に治療期間が決定(数ヶ月~2年程度)
1ヶ月〜3ヶ月に1回通院
治療期間の予測が難しい(数ヶ月~2年程度)
1ヶ月に1、2回通院

インビザラインのメリット・デメリット

メリット

  • 目立ちにくい
    透明なマウスピースを使用するので殆どわかりません。
  • 取り外しができ衛生的
    状況により取り外しが可能なので、より口腔内を清潔に保てます。
  • 違和感が少ない
    従来の歯列矯正治療と比較すると違和感が少なくなります。
  • 金属アレルギーの方も安心
    素材がポリウレタン製なので、金属アレルギーの心配がありません。
  • 通院回数が少ない
    忙しい方や、遠方の方でも負担が少なく治療する事が可能です。

デメリット

  • 歯並びによっては適用できない症例がある
  • 装着時間を守らないと治療計画に影響がでる

アライナーのお手入れについて

従来の矯正装置と同様、マウスピースも治療中のケアが大切です。 お口の中に入れるものなので、清潔に保ちたいですよね。ここでは、一般的なマウスピースのお手入れ方法をご紹介します。

マウスピースの洗い方

歯ブラシで洗浄する際は、研磨剤の使用は避け、ご使用の歯ブラシで水洗いをしてください。外側、内側ともに力を入れすぎず、弱い力でゆっくり磨き、磨き終わったら十分にすすぎます。

※ポイントは力を入れすぎないこと。力を入れすぎるとマウスピースが変形したり、破損したりしてしまうことがありますので注意してください。

食事の時はマウスピースを外しましょう!

装着したまま食事をするとマウスピースと歯の間の隙間に食べ物が入り込み、マウスピースが汚れ、食べ物によって着色します。
食事の汚れを放置したままでいると、臭いや虫歯の原因になりマウスピースを洗っても色が落ちなくなります。

水を飲む場合は外す必要はありませんが、装着したまま糖分のある清涼飲料水(アクエリアス、コーラ等)を飲むと食事同様、臭いや虫歯の原因になります。
食後は、歯磨きをしてからマウスピースを装着しましょう!

専用のクリーニング剤もあります

マウスピースを外した際に白くくもった部分があれば、そこは歯にプラーク(歯垢)が付着している証拠です。
プラークが付着したままアライナーの装着をすると虫歯の原因にもなりますのでお手入れを十分に行いましょう。
水洗いに加えて専用の「リテーナーブライト」のご使用をオススメします。
市販の入れ歯洗浄剤を使用するとマウスピースの表面をくもらせ、透明感が損なわれ装着時に目立つ原因となります。

保管方法

マウスピースを外して保管する際は専用のケースに入れて保管しましょう。
小さなお子様がおられる方やペットを飼っておられる方は破損の可能性も考えられますので手の届かないところで保管をお願いします。
口の中にいれるものですので、大事に扱いましょう。

TOP